サイドスリップ

直進時のタイヤの横滑り量で、サイドスリップテスターで計測される量をいいます。
1km当たり1mの横滑り量を1とし、前進時の操舵輪について、5以下を許容し、3以下を望ましい範囲としています。
欧米では規制されておらず、近年、規制緩和も含め弾力的に運用され、また見直しを検討する動きもあります。

車検辞典トップへ戻る

ページ先頭へ