軽自動車検査協会

軽自動車検査協会(けいじどうしゃけんさきょうかい、国に代わって二輪の軽自動車(軽二輪)を除く軽自動車の検査事務等を行う機関として
昭和47年(1972年)に運輸大臣の認可法人(昭和62年(1987年)に経営の自立化及び活性化を図るため特別民間法人となる)として設立され、
現在は全国87箇所の事務所・支所において検査事務等を行っています。
平成18年(2006年)10月10日からは、新しい地域表示ナンバー「ご当地ナンバー」プレートの導入を開始しました。

車検辞典トップへ戻る

ページ先頭へ