インターロック装置

MTにおいて、2つの段位のギヤが同時にシフトできないよう、1つの段位のみシフトを可能にする機構で、2重噛み合い防止装置とも呼ばれています。
おおむね2つのタイプがあり、ひとつは3本のロッド(1-2、3-4、5-R用)の1本だけを選択擢動させるタイプで、ロッド間に
インターロックピンかボールが2〜3個を入れ、ロッドにはそれがはまる切欠き溝を入れています。

車検辞典トップへ戻る

ページ先頭へ