一時抹消登録(廃車)

法的には「自動車の使用を一時中止するための手続き」とされており、所有者が長期間自動車を使用できない状態(長期出張・入院など)により、
一時的に自動車の使用を停止する場合などにこの手続きを行います。
この抹消手続きを行うと、備考欄に一時抹消と記載された登録識別情報等通知書の交付が受けられ、日本国内で再び登録し、
運行する事が可能である。車が盗難等行方不明になった場合も、完全に車両が解体処理された事が証明出来ない事と、後に発見された時の
再登録を考慮し一時抹消の手続が取られます(盗難届等の証明書が必要)。

車検辞典トップへ戻る

ページ先頭へ